不動産まめ知識

調べれば調べるほど、奥が深いぞ不動産!弊社スタッフがふだんの仕事の中で見つけた疑問を解決するために、調査・研究した成果を分かり易くご紹介します。

Jul

04

2008

指定角地  〰 建蔽率の緩和規定

 

不動産にちょっと詳しい人であれば、建蔽率の緩和規定の一つに、「角地であれば、基準建蔽率は、指定容積率に対して10%加算される」というルールがあることを、知っているのではないかと思います。

でも、どういう場合に、この建蔽率の緩和規定は適用されるのでしょうか。

一般的な解説書では、建築基準法53条3項2号の条文より、「特定行政庁が、街区の角地等で指定するもの(=いわゆる「指定角地」)の中にある建築物の場合」と説明するだけに留まっており、具体的な例を提示しているものは少ないように思います。

特定行政庁ごとに決められるものなので、全国各地で出版される「解説書」だと、具体的には書けないという事情もあるんでしょうね。

そこで、仙台市の場合ですが、「仙台市建築基準法施行細則」で以下の通り、定められています。

①角地を構成する接面道路の幅員は双方とも4m以上

②接面道路幅員の双方の和は12m以上

③角地の角度は120度以内

④画地の外周のうち、道路に接する部分の長さが全体の1/3以上

この要件を満たした時に、指定角地の建蔽率緩和規定が適用されるということなんですね。

[法制度・公法規制] posted by 三瓶|trackback(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 指定角地  〰 建蔽率の緩和規定

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shisankanri.com/mtcgi/mt-tb.cgi/47

 

  • 同業者の方はこちら
  • 一般の方はこちら
  • みやぎ不動産NEWS 旬なTopicのデータベース
  • 不動産まめ知識 スタッフが調査・研究した結果を分かり易くご紹介
  • 徒然日記帳 研究所のみんなで綴る四方山話ブログ
このページのTOPへ