不動産まめ知識

調べれば調べるほど、奥が深いぞ不動産!弊社スタッフがふだんの仕事の中で見つけた疑問を解決するために、調査・研究した成果を分かり易くご紹介します。

Jul

16

2015

「中古住宅の流通促進について」

現在日本の住宅市場は、新築住宅の売買が中心で、中古住宅の割合は2割にも満たない状況です。しかし、増加する空き家を資産として活用するためにも中古住宅の流通促進は必要不可欠で、そのため国が市場整備を進めています。

 

国土交通省の平成27年度予算決定概要では、空き家の活用と中古住宅・リフォーム市場活性化として予算が組まれています。詳細は以下の通りです。

  • ・戸建空き家等を子育て仕様に改修した地域優良賃貸住宅を供給する
  •  取組の支援
  • ・居住環境の整備改善を図るため空き家の活用・除却等を行う地方公共団体
  •  の取組支援
  • ・所有者に対する空き家の適正管理等に関する相談体制整備の取組支援
  • ・住宅団地における空き家等の流通・活用に向けたモデル的な取組支援 他

 

 この他には、5月末に自民党は中古住宅の流通促進に向けて以下の提言をまとめました。

  • ・木造住宅を築20年で一律価値ゼロとみなす市場慣行を抜本的に改善
  • ・中古マンションの管理情報の開示を促進
  • ・リフォームで耐久性を高めた中古住宅の認定制度を創設
  • ・住宅の劣化度合いの検査活用を促進
  • ・不動産総合データベースの構築
  • ・個人住宅の有効活用に関する相談体制の整備などによる空家の流通促進 


国だけではなく、ハウスメーカーや住宅設備メーカー、不動産会社なども空き家の管理・再生といった中古住宅に関する商品やサービスを増やしています。

 

 中古住宅市場が低迷している理由としては、日本では欧米と比べて中古住宅の価値が正当に評価されない風潮があることや購入前の住宅の状況を詳しく知ることができないこと等があげられます。建物評価を見直すことで、中古住宅を購入するためのローン市場を強化し、中古住宅市場を活性化させていくことが今後の課題のようです。

posted by s_suzuki|trackback(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「中古住宅の流通促進について」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shisankanri.com/mtcgi/mt-tb.cgi/91

 

  • 同業者の方はこちら
  • 一般の方はこちら
  • みやぎ不動産NEWS 旬なTopicのデータベース
  • 不動産まめ知識 スタッフが調査・研究した結果を分かり易くご紹介
  • 徒然日記帳 研究所のみんなで綴る四方山話ブログ
このページのTOPへ